« 「FIA、レッドブルら3チームに改善指示」はデマか | トップページ | バーニー・エクレストン氏、不安のエンジン音に『打開秘策』 »

2013/04/05

鈴鹿サーキット、日本GPで『5807分の1サポーター企画』

鈴鹿サーキット 50th (C)FMotorsports
拡大します
日本GPの開催地である鈴鹿サーキット(モビリティランド)は、今年10月に開催されるF1第15戦日本GPにおいて、鈴鹿での日本GP開催25周年を記念する特別企画として『5807分の1サポーター』を募集することを明らかにした。

「5807分の1サポーター」とは、日本GPが開催される鈴鹿サーキットのコース距離「5807m」にちなんで5807人のサポーターを募集する企画。
具体的には、協賛金2500円を支払って1メートル分のサポーターになることで、日本GPの公式プログラムやサポーターメッセージ看板に自分の名前が掲載されるというもの。
また『25回開催記念シリアルナンバー入りピン』のプレゼントも予定されている。

企画の詳細についてはこちら

|

« 「FIA、レッドブルら3チームに改善指示」はデマか | トップページ | バーニー・エクレストン氏、不安のエンジン音に『打開秘策』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57107993

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿サーキット、日本GPで『5807分の1サポーター企画』:

« 「FIA、レッドブルら3チームに改善指示」はデマか | トップページ | バーニー・エクレストン氏、不安のエンジン音に『打開秘策』 »