« FIA(国際自動車連盟)、再びテレメトリーの不備認める | トップページ | バーレーンGPの週末はいずれも晴天の予想 »

2013/04/17

ピレリ、ソフト不評でバーレーンGP用タイヤ変更へ

Tyre Work (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ピレリタイヤは、今回の中国GPに投入したソフトタイヤが不評だったことを受け、今週末のバーレーンGPでは予定を変更しソフトではなくミディアムタイヤを持ち込むことにするようだ。
変更されればバーレーンGPではミディアム&ハードタイヤという組み合わせになる。

ピレリの新しいソフトタイヤは、中国GPで初めて使われたが一発のタイムは出るもののその後のタイムダウンが激しく、加えて平均6ラップ程度しか使用に耐えられなかったと言うことで批判を浴びたもの。
(タイヤが異なるが、昨年はソフト&ミディアムだった)

しかしそれでもバーレーンGPでは3ストップが主流になるだろうと同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは予想している。

|

« FIA(国際自動車連盟)、再びテレメトリーの不備認める | トップページ | バーレーンGPの週末はいずれも晴天の予想 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57189474

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、ソフト不評でバーレーンGP用タイヤ変更へ:

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
Mシューマッハーと「ハミー」「シュミー」と呼びあい、あらゆるF1関係者から絶大な信頼を得ていたブリヂストンの浜島裕英さんの著作。 レーシングタイヤ制作の舞台裏だけでなく「組織で働く」ということや「ものをつくる」ということについても考えさせられるおもしろい本で... [続きを読む]

受信: 2013/04/17 23:29

« FIA(国際自動車連盟)、再びテレメトリーの不備認める | トップページ | バーレーンGPの週末はいずれも晴天の予想 »