« コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 | トップページ | ウィットマーシュ代表(マクラーレン)、「ペレスは向上が必要」 »

2013/04/18

バーレーンGPのレーススチュワードはミカ・サロ氏

Mika Salo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるバーレーンGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)を、元フェラーリ等のF1ドライバーであるミカ・サロ氏(46歳:フィンランド)が務めることを明らかにした。

日本女性と結婚するなど親日家として知られるサロ氏は1994年に当時のロータス・チームからF1デビュー、その後ティレルやアロウズ、フェラーリ、ザウバー等を経て、最後はトヨタで走ったことでさらに日本では馴染み深い。
最高位はフェラーリ時代に記録した1999年ドイツGPの2位(フェラーリ)、またトヨタ時代には2回のポイント獲得をもたらせた。
(フェラーリの2位は首位走行中、チームオーダーに従ったもの)

なおサロ氏がスチュワードを務めるのは昨年のヨーロッパGP以来ということになる。

|

« コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 | トップページ | ウィットマーシュ代表(マクラーレン)、「ペレスは向上が必要」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57196319

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンGPのレーススチュワードはミカ・サロ氏:

« コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 | トップページ | ウィットマーシュ代表(マクラーレン)、「ペレスは向上が必要」 »