« P Zeroコンパウンドの最も硬い組み合わせがバーレーンに登場 (ピレリ) | トップページ | コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 »

2013/04/18

エクレストン氏、「ブラジルGP今年が最後」と牽制

2012 Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表で、F1開催に絶大な権限を持つバーニー・エクレストン氏が、ブラジルGPの開催地(インテルラゴス)であるサンパウロ市に対し施設を大幅に改善するようプレッシャーを掛けている。

これは、地元ブラジルの『オ・エスタド・デ・サンパウロ』紙が報じたもの。
それによればエクレストン氏は、「インテルラゴス自体は確かにエキサイティングで誇れるサーキット・レイアウトだろう。
しかしその設備はドライバーやチームのみならず、観客やゲストにとっても世界最悪のレベルだ。
われわれはこれまで再三施設の改修を求めているが、彼らは応じようとしていない。
残念ながらこのままでは今年が最後のブラジルGPになることだろう」と強い言葉を浴びせているとのことだ。

サンパウロ市側はこれに対し今のところコメントしていない。

|

« P Zeroコンパウンドの最も硬い組み合わせがバーレーンに登場 (ピレリ) | トップページ | コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57195924

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、「ブラジルGP今年が最後」と牽制:

« P Zeroコンパウンドの最も硬い組み合わせがバーレーンに登場 (ピレリ) | トップページ | コバライネン、ケータハムF1リザーブとして復帰 »