« マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 | トップページ | 小林可夢偉、公式サイトをリニューアル »

2013/04/01

ハミルトン(メルセデス)、「今のF1はまるでタイヤのため」と嘆く

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2008年のチャンピオンで、アグレッシブなドライビング・スタイルが信条のルイス・ハミルトン(28歳:イギリス)だが、今のF1はタイヤの占める要素が大きいことを嘆いている。

「はっきり言って、今のF1はまるでタイヤのための争いになっているよ。
いまグランプリで優勝するためには、いかに速く走るのかではなく、いかにタイヤを持たせられるかということになってしまっているんだ。
だからドライバー全員が、レースでいかなるタイヤ戦略を採るのか汲々としている。
こういうレースが果たしてモーターレーシングの頂点にふさわしいものなのか……」

マレーシアGP決勝レースでハミルトンが最後にペースを落とさざる羽目になった原因の一つもタイヤのコンディションにあったということだ。

|

« マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 | トップページ | 小林可夢偉、公式サイトをリニューアル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57079602

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、「今のF1はまるでタイヤのため」と嘆く:

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
Mシューマッハーと「ハミー」「シュミー」と呼びあい、あらゆるF1関係者から絶大な信頼を得ていたブリヂストンの浜島裕英さんの著作。 レーシングタイヤ制作の舞台裏だけでなく「組織で働く」ということや「ものをつくる」ということについても考えさせられるおもしろい本で... [続きを読む]

受信: 2013/04/01 19:38

« マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 | トップページ | 小林可夢偉、公式サイトをリニューアル »