« バトン(マクラーレン)、「ペレスは攻撃的過ぎる」 | トップページ | ピレリタイヤ、「タイヤの大幅変更考えてない」 »

2013/04/25

フェラーリ、アロンソのDRS故障原因を究明

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームは、バーレーンGP決勝レースで同チームのアロンソのマシンに生じたDRS(可変リヤウィング)の故障原因を究明したと発表した。

それによればトラブルの原因はソフトウェアの問題ではなく純粋にシステム内のメカニカルコンポーネントの故障だったとしている。
DRSは導入してから今年で3シーズン目を迎えるがこうした故障は初めてということだ。

同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は「このトラブルがなければアロンソは優勝争いも可能だった筈」とすると同時に、「今後は2度とこのようなトラブルを生じさせないよう対策する」と再発防止を誓っている。

|

« バトン(マクラーレン)、「ペレスは攻撃的過ぎる」 | トップページ | ピレリタイヤ、「タイヤの大幅変更考えてない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57242432

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、アロンソのDRS故障原因を究明:

« バトン(マクラーレン)、「ペレスは攻撃的過ぎる」 | トップページ | ピレリタイヤ、「タイヤの大幅変更考えてない」 »