« マクラーレン、苦しい「チームオーダーなし方針」 | トップページ | ウィリアムズ・グループ、2012年度大赤字を計上 »

2013/04/30

B.エクレストン氏、マルシアと契約の意思なし

 Marussia F1 Logo (C)Marussia F1 Team

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表を務めるバーニー・エクレストン氏は、依然としてコンコルド協定が結ばれていないとされるマルシアF1チームとの交渉について、今後も調印する意思がないことを明らかにした。

これまでのコンコルド協定では、FIA(国際自動車連盟)の意向もあってトップ10以外のチームに対しても1千万ドル(約9億8千万円)の賞金が支払われたとみられるが、協定が満期を迎えた今年、以前と違って参戦するのは11チームに留まっていて、「新規参戦組」としてはマルシアだけが取り残された形。

エクレストン氏は今季上位10チームだけに賞金を支払う意志を示していて、事実上マルシアF1チームは見放された形だ。

|

« マクラーレン、苦しい「チームオーダーなし方針」 | トップページ | ウィリアムズ・グループ、2012年度大赤字を計上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57276807

この記事へのトラックバック一覧です: B.エクレストン氏、マルシアと契約の意思なし:

« マクラーレン、苦しい「チームオーダーなし方針」 | トップページ | ウィリアムズ・グループ、2012年度大赤字を計上 »