« ブラウン代表(メルセデス)、指示認めるも自信揺るがず | トップページ | ロータス・チームはピレリの積極姿勢を擁護 »

2013/04/07

2014年の新エンジン、今季中のテスト予定はなし

Rob White (C)Renault F1 UK
拡大します
F1は2014年シーズンから使用ンジンが現在の2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンへと大きく変更されることが決まっていて、ルノー、フェラーリ、そしてメルセデスらエンジン・サプライヤーはこれに伴い今年膨大な開発ワークに追われているとみられるが、ここに来てそのテスト予定に関心が集まっている。

チーム側としては、当然早期からの開発テストを行いたい意向だが、それは近年のコスト削減の方針には合致しないことになる。
これについてルノー・スポールのロブ・ホワイト/エンジン・ディレクターは、「われわれはもちろん多くのテスト機会を得たいと考えているが、残念ながらいまのところFIA(国際自動車連盟)はコスト削減の観点から来年のシーズン前テストを1回か2回増やすくらいしか考えていないようだ」と悲観的な見方を示している。

|

« ブラウン代表(メルセデス)、指示認めるも自信揺るがず | トップページ | ロータス・チームはピレリの積極姿勢を擁護 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57121760

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の新エンジン、今季中のテスト予定はなし:

« ブラウン代表(メルセデス)、指示認めるも自信揺るがず | トップページ | ロータス・チームはピレリの積極姿勢を擁護 »