« コバライネン(ケータハム)、「これを契機に……」 | トップページ | 決勝では3ストップ戦略が予想される (ピレリ) »

2013/04/20

エクレストン氏、2014年マシンの低速化を危惧

Image (C)Redbull Racing
拡大します
F1は2014年シーズンに大幅なレギュレーション変更を予定しているが、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表はこれによるF1マシンの低速化を危惧しているようだ。

これはドイツの有力誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が伝えたもので、それによればこのF1総帥は、「2014年のF1は今年のものより4-5秒は遅くなることが予想される」と、考えているという。
2014年には搭載エンジンが現行の2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボになることに加え、最大回転数が12,000rpmに抑えられること等があるためだ。

同氏は、「GP2マシンやフォーミュラ・ルノーとたいして変わらないF1では魅力に欠ける」と、断じている。
ただこの時期になってまた規定が変更となればエンジン・メーカー側からの反発が避けられないとみられる。

|

« コバライネン(ケータハム)、「これを契機に……」 | トップページ | 決勝では3ストップ戦略が予想される (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57208782

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、2014年マシンの低速化を危惧:

« コバライネン(ケータハム)、「これを契機に……」 | トップページ | 決勝では3ストップ戦略が予想される (ピレリ) »