« B.エクレストン氏、マルシアと契約の意思なし | トップページ | ザウバー・チーム首脳、グティエレスの評価避ける »

2013/04/30

ウィリアムズ・グループ、2012年度大赤字を計上

Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チーム等を擁するグループ企業『ウィリアムズ・グランプリ・ホールディングス』は、2012年度の会計決算を発表、500万ポンド(約7億6千万円)もの赤字になったことを明らかにした。

ただこの決算にはF1チームがFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント) から受け取った940万ポンド(約14億2千万円)とも言われるテレビ放映権料は現在の会計基準に則り収支に含まれていないという。
ちなみに前年(2011年)は全体で740万ポンド(約11億2千万円)の黒字決算だった。

同グループのアレックス・バーンズ/CEOによれば、ウィリアムズはF1活動だけでなくモーターレーシングの舞台から得た様々な最新の技術を他の各分野に提供、大きな収益を得ているとのことだ。

|

« B.エクレストン氏、マルシアと契約の意思なし | トップページ | ザウバー・チーム首脳、グティエレスの評価避ける »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57277190

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ・グループ、2012年度大赤字を計上:

« B.エクレストン氏、マルシアと契約の意思なし | トップページ | ザウバー・チーム首脳、グティエレスの評価避ける »