« バーレーンGPフリー走行が始まる | トップページ | 初日最速ライコネン(ロータス)、「別に……」 »

2013/04/19

フリー走行2回目はライコネン(ロータス)が最速

Kimi Raikkonen (C)Lotus F1 Team
拡大します
19日(金)午後のバーレーンGPフリー走行2回目セッションは引き続きドライコンディションで行われた。
トップタイムをマークしたのはロータス・チームのキミ・ライコネン。
ただそのタイムは午前より0.3秒ほど短縮したものの、期待したほど短縮はされなかった。
2-3番手にはウェバー&ベッテルのレッドブル勢。
ウェバーのタイムはライコネンからわずか0.03秒という僅差のものだった。
以下4番手にはアロンソ(フェラーリ)、5番手ディ・レスタ(フォース・インディア)、6番手マッサ(フェラーリ)、7番手グロージャン(ロータス)、8番手ロズベルグ(メルセデスAMG)、9番手スーティル(フォース・インディア)、そして10番手にハミルトン(メルセデス)がつけた。

依然として苦戦が続くマクラーレン勢はバトンが11番手、ペレスは13番手。
同じくウィリアムズ勢はマルドナド16番手、ボタス17番手となっている。

バーレーンGP:フリー走行2回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« バーレーンGPフリー走行が始まる | トップページ | 初日最速ライコネン(ロータス)、「別に……」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57206568

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目はライコネン(ロータス)が最速:

« バーレーンGPフリー走行が始まる | トップページ | 初日最速ライコネン(ロータス)、「別に……」 »