« P Zeroオレンジタイヤ、マレーシアでデビュー (ピレリ) | トップページ | MES(マクラーレンES)、ウェバーのECUトラブルを否定 »

2013/03/20

フェラーリ代表、戦略評価も重視するのは信頼性

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
苦戦した昨シーズンの開幕戦に比べ、今回のオーストラリアGPでは2台が終始トップグループを好走するなど高いパフォーマンスを発揮したフェラーリ・チームだったが、ステファーノ・ドメニカリ代表はこれでチームが浮かれることを戒めた。

「新しいシーズンで特に大事なことは高い信頼性だ。
確かにわれわれはいいスタートを切ったと言えるが、これはライバル(レッドブル・レーシング)がタイヤ戦略に苦しんだせいもあるだろう。
もちろんレース戦略はいつでも重要な要素だが、私は今回2台ともに信頼性を示したことを評価している。
どれだけいい走りをしても、完走しなければポイントはもらえないのだからね。
これからの序盤数戦、まずは信頼性がカギになる筈だ」

昨年の開幕戦で10ポイント:5位(アロンソ)-リタイヤ(マッサ)だったのに比べると、今回の30ポイント:2位(アロンソ)-4位(マッサ)は上出来の結果といえよう。

|

« P Zeroオレンジタイヤ、マレーシアでデビュー (ピレリ) | トップページ | MES(マクラーレンES)、ウェバーのECUトラブルを否定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ代表、戦略評価も重視するのは信頼性:

« P Zeroオレンジタイヤ、マレーシアでデビュー (ピレリ) | トップページ | MES(マクラーレンES)、ウェバーのECUトラブルを否定 »