« ザウバーがシーズン前テスト最多周回もメルセデス追い上げ | トップページ | ウィットマーシュ(マクラーレン)代表、ホンダ説全面否定 »

2013/03/06

ジュール・ビアンキ、「マルシア決定は想定外の僥幸」

Jules Bianchi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フォース・インディア・チームのシート争いでエイドリアン・スーティルに敗れたものの、直後にマルシアF1チームに活路を見出したジュール・ビアンキ(フランス)は、「マルシアに決定はまさに僥幸だった」と、その経緯を地元フランスの『スポール24』に語っている。

「フォース・インディアのシートがスーティルに決まったと聞かされた時は、もう今年僕がF1で走ることはないと覚悟していたんだ。
もう1年リザーブ&テストドライバーを努めて、また来年チャンスを掴もうと切り換えていたからね。
ところがその直後にマルシアから連絡をもらって……
もちろんそのオファーには二つ返事でOKしたさ。
マルシアの事情(レイジァとの交渉難航)は知っていたけれど、まさか僕に白羽の矢が立つなんて、ね」

まだ20歳の当時、フェラーリ・チームから長期に渡るテストドライバー契約を呈示されて一躍注目を浴びたビアンキも、今年24歳になる。

|

« ザウバーがシーズン前テスト最多周回もメルセデス追い上げ | トップページ | ウィットマーシュ(マクラーレン)代表、ホンダ説全面否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56897418

この記事へのトラックバック一覧です: ジュール・ビアンキ、「マルシア決定は想定外の僥幸」:

« ザウバーがシーズン前テスト最多周回もメルセデス追い上げ | トップページ | ウィットマーシュ(マクラーレン)代表、ホンダ説全面否定 »