« 豪GPのDRSゾーンはストレートと2-3コーナーの間に | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「母国グランプリで表彰台が夢」 »

2013/03/14

エクレストン氏、ハミルトンの愛犬にパドックパス

 Mr.Roscoe (C)L.Hamilton'Site

ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が愛犬家であることは知られているが、その愛犬『ロスコー』君(イングリッシュ・ブルドッグ)が正規のパドックパスを交付され、合法的にパドックを闊歩していることがわかった。
これは米『ESPN』が伝えたもので、「パドックパス交付はバーニー・エクレストン氏の粋な計らいによるもの「」というが、同氏は「ハミルトンがレースをしている間は私がロスコーの世話をしてもいい」とまで語っているという。

ハミルトンはパス交付のため、エクレストン氏にロスコーの写真を持参したことを認めた上で、「僕の両親はいずれも犬が大好きで、母親なんか5匹同時にも飼っていたくらいさ。
で、僕自身も子供の頃ラブラドールを飼っていたんだ」と、目を輝かせていた。

|

« 豪GPのDRSゾーンはストレートと2-3コーナーの間に | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「母国グランプリで表彰台が夢」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56951265

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、ハミルトンの愛犬にパドックパス:

« 豪GPのDRSゾーンはストレートと2-3コーナーの間に | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「母国グランプリで表彰台が夢」 »