« E.ブイユ代表(ロータス)、ニューイ氏の「来訪」に破顔 | トップページ | トラブルのF・インディア、「ホイールナット方式の変更はない」 »

2013/03/27

ルノー・スポール、トロ・ロッソとのエンジン供給交渉認める

Jean-Michel Jalinier (C)Renault Sport

現在F1で4チームにエンジン供給するルノー・スポールでは、2014年シーズンのエンジン規定変更期からスクーデリア・トロ・ロッソへの供給について交渉していることを認めた。

これはルノー・スポールF1のジャン・ミシェル・ジャリニエール代表兼マネージング・ディレクターが明らかにしたもので、実現した場合実に5チームという多きになることについてはそれでも対応できるとした。
ただ、現実には3チーム程度のほうが体制に余裕が出るので理想的ともしている。

現在レッドブル、ロータス、ウィリアムズ、そしてケータハムの4チームにエンジン供給するルノー。
トロ・ロッソは現在フェラーリ・エンジンを搭載しているが、兄妹チームであるレッドブルとの足並みを整えたいという姿勢もあるようだ。

|

« E.ブイユ代表(ロータス)、ニューイ氏の「来訪」に破顔 | トップページ | トラブルのF・インディア、「ホイールナット方式の変更はない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57041974

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール、トロ・ロッソとのエンジン供給交渉認める:

« E.ブイユ代表(ロータス)、ニューイ氏の「来訪」に破顔 | トップページ | トラブルのF・インディア、「ホイールナット方式の変更はない」 »