« フェラーリ代表、戦略評価も重視するのは信頼性 | トップページ | ロータス・チームT/D、開幕戦優勝で逆に苦境も »

2013/03/20

MES(マクラーレンES)、ウェバーのECUトラブルを否定

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表がオーストラリアGP決勝レースオープニングラップで同チームのマーク・ウェバーが後退した原因がFIA(国際自動車連盟)から供給される標準化ECU(エンジン・コントロール・ユニット)が原因であると語ったことについて、これを製作したMES(マクラーレン・エレクトロニクス・システム)が否定したことがわかった。

英『オートスポーツ』が報じるところによれば、ウェバーのマシンから取り外したECUを分析した結果、ECU自体に問題はなく、ウェバーが失速した原因はレッドブル・レーシング内のシステムの問題であると指摘したという。
同社のピーター・マネン/マネージング・ディレクターは、「今回のトラブルはわれわれに責任はないが、今後の再発防止に向け、チーム側と積極的に協力する準備はある」と、語っている。

|

« フェラーリ代表、戦略評価も重視するのは信頼性 | トップページ | ロータス・チームT/D、開幕戦優勝で逆に苦境も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56992469

この記事へのトラックバック一覧です: MES(マクラーレンES)、ウェバーのECUトラブルを否定:

« フェラーリ代表、戦略評価も重視するのは信頼性 | トップページ | ロータス・チームT/D、開幕戦優勝で逆に苦境も »