« ライコネン(ロータス)にグリッド3番降格のペナルティ | トップページ | 連続屈辱のアロンソ(フェラーリ)、「すべてうまくいってる」 »

2013/03/24

今回もトラブル続くFIAのテレメトリー・システム

Image (C)Williams F1
拡大します
開幕戦オーストラリアGPで各チームを悩ませたFIA(国際自動車連盟)のテレメトリー・システムの不調は今週のマレーシアGPでも解決されておらず、決勝レースではまたコクピット内でドライバーが苦労させられることになりそうだ。

本来このシステムはコントロールタワーと各マシンをテレメトリーで繋ぐことにより、セーフティカー導入やDRS(ドラッグ・リダクション・システム)の許可、またブルーフラッグ(追い越し)の指示など多くの情報をコクピットのインジケーターまで直接伝達するもの。
しかし今回もこれが使えないことにより、ドライバーは旧態依然としたコースマーシャルによる手旗やチームからの無線を頼る羽目になっている。

|

« ライコネン(ロータス)にグリッド3番降格のペナルティ | トップページ | 連続屈辱のアロンソ(フェラーリ)、「すべてうまくいってる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57020775

この記事へのトラックバック一覧です: 今回もトラブル続くFIAのテレメトリー・システム:

« ライコネン(ロータス)にグリッド3番降格のペナルティ | トップページ | 連続屈辱のアロンソ(フェラーリ)、「すべてうまくいってる」 »