« 2013年のF1は全19戦で確定に | トップページ | FIA、2014年電気自動車レースの開催地発表 »

2013/03/10

マルシアF1、搭載エンジンの変更迫られる

Cosworth F1 Engine Image (C)Cosworth Engineering
拡大します
現在コスワース・エンジンを搭載してF1に参戦するマルシアF1チームだが、エンジン規定が変更される2014年シーズンにはエンジンの変更を迫られる見通しだ。

というのも2010年シーズンから当時4チーム(ウィリアムズ、ロータスGP、HRT、ヴァージン)に供給してスタートしたコスワースだが、昨季の供給は2チームだけ。
さらにその一つであるHRTが消滅したことにより今季はわずか1チームだけの供給になっている。
2014年、コスワースがマルシア1チームだけのために新たなエンジンを開発するのは事実上あり得ないと考えられるからだ。
そうなるとマルシアは今年中にルノー、フェラーリ、そしてメルセデス3社のいずれかと供給を交渉しなければ参戦できないことになる。
現在、ルノーが4チーム、フェラーリとメルセデスはそれぞれ3チームに供給している。

|

« 2013年のF1は全19戦で確定に | トップページ | FIA、2014年電気自動車レースの開催地発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56923900

この記事へのトラックバック一覧です: マルシアF1、搭載エンジンの変更迫られる:

« 2013年のF1は全19戦で確定に | トップページ | FIA、2014年電気自動車レースの開催地発表 »