« ベッテル(レッドブル)、さらに2年間契約延長か | トップページ | 初戦制したロータス・チーム代表、「優勝とタイトルは別」 »

2013/03/19

C.ホーナー代表(レッドブル)、マクラーレン製ECU酷評

M.Webber & C.Horner (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦、フロントロウ独占という好グリッドからスタートしながらも優勝を逃がしたレッドブル・レーシングでは、クリスチャン・ホーナー代表がその原因の一つとしてマクラーレン製のECU(エンジン・コントロール・ユニット)の不具合に矛先を向けた。

「残念ながらわれわれは今回サードパーティから供給されたECUの不具合によって勝利を逸したとも言える。
ウェバーのマシンはECUのトラブルによりレース開始前(フォーメーションラップ)の段階からテレメトリーをすべて失ってしまい、スタートからすでに大きなハンディキャップを背負うこととなった。
さらにこれが原因で「KERS」(運動エネルギー回収システム)も使えなくなり、ウェバーは優勝争いから脱落を余儀なくされてしまったんだ。
このECUにはテスト段階からトラブルが続いていて、早急に対策を講じることを願いたい」と、ホーナー代表。

今シーズンも全チームに共通部品としてFIA(国際自動車連盟)から供給されているECU(エンジン・コントロール・ユニット)はMES(マクラーレン・エレクトロニクス・システムズ)製だが、グループ会社ではあるもののF1マクラーレン・チームと直接の関係はない。

|

« ベッテル(レッドブル)、さらに2年間契約延長か | トップページ | 初戦制したロータス・チーム代表、「優勝とタイトルは別」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56986511

この記事へのトラックバック一覧です: C.ホーナー代表(レッドブル)、マクラーレン製ECU酷評:

« ベッテル(レッドブル)、さらに2年間契約延長か | トップページ | 初戦制したロータス・チーム代表、「優勝とタイトルは別」 »