« クレア・ウィリアムズ嬢、ウィリアムズ・チーム副代表に | トップページ | レッドブル、「オーバーテイク問題はチーム内のこと」と声明 »

2013/03/28

チームオーダー騒動、メルセデスAMG内部では意見分裂

Mercedes GP Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
マレーシアGP決勝レースでのチームオーダー騒動では、これを無視したレッドブルが非難される一方で、チームの指示を遵守したメルセデスAMGのほうは無難な結果に終わったとみられている。
ところがその後同チーム内部では、これについて意見が真っ二つに分裂していることが英『タイムズ』紙らで報じられた。

オーダーを指示したロス・ブラウン代表を支持するのは今シーズンからチーム/CEO(最高経営責任者)に就いたトト・ウォルフ氏で、「チャンピオンシップを考えた場合、ブラウンの采配は的確なものだった」とこれを擁護した。

一方、これまた今シーズンから同チームに加わったニキ・ラウダ氏は、「F1がスポーツだというならああした指示は間違っている。
あの場面でロズベルグのほうが明らかに速かったのだから、当然彼を先行させるべきだった」と異を唱えた。

F1でのキャリアはもちろんラウダ氏のほうがはるかに上だが、しかし現在のチーム内でのポジションから言うと、大株主であるウォルフ氏のほうに大きな影響力があるのは否めない事実だ。

|

« クレア・ウィリアムズ嬢、ウィリアムズ・チーム副代表に | トップページ | レッドブル、「オーバーテイク問題はチーム内のこと」と声明 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チームオーダー騒動、メルセデスAMG内部では意見分裂:

« クレア・ウィリアムズ嬢、ウィリアムズ・チーム副代表に | トップページ | レッドブル、「オーバーテイク問題はチーム内のこと」と声明 »