« FIA、『フォーミュラE』のタイヤにミシュラン選定 | トップページ | ロータス・チーム、「成功は資金次第」 »

2013/03/31

タイ当局も『2015年タイGP』開催を明言

 Thailand Image
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表で、F1開催に強い権限を持つバーニー・エクレストン氏は2015年タイGPの開催をすでに示唆しているが、これに呼応するように今度はタイ政府当局も開催を明言した。

これはタイ国観光・スポーツ省傘下のSAT(タイ・スポーツ局)が明らかにしたもので、コースは首都バンコク近くに設定される市街地特設コース、開催決定はあとF1グランプリの財政負担予算を政府が承認するだけの段階という。

グランプリの開催料は2,700万ドル(約25億円)に達するとみられるが、同局によればこのうちの60%をタイ政府が負担、残りについては地元の大手ビール会社である『シンハー』や、レッドブル・レーシングの母体である『レッドブル』ら民間企業に委ねるとしている。

|

« FIA、『フォーミュラE』のタイヤにミシュラン選定 | トップページ | ロータス・チーム、「成功は資金次第」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57071698

この記事へのトラックバック一覧です: タイ当局も『2015年タイGP』開催を明言:

« FIA、『フォーミュラE』のタイヤにミシュラン選定 | トップページ | ロータス・チーム、「成功は資金次第」 »