« ウィリアムズ、疑惑のエクゾースト・システム導入断念 | トップページ | グロージャン(ロータス)、「今年は札付きにならない」 »

2013/02/26

パディ・ロウ氏(マクラーレンT/D)、メルセデスAMGに移籍

McLaren『MP4-28』(C)McLaren Group
拡大します
開幕を前に2013年新型車が出そろったばかりのこの時期だが、主要チームでの技術責任者の移動が明らかとなった。

それによればマクラーレン・チームのテクニカル・ディレクターを務めたパディ・ロウ氏(50歳:イギリス)が同チームを離脱。
同氏は2014年マシン開発のため、メルセデスAMGチームに移籍することになったとのこと。

またロウ氏が離脱したマクラーレン・チームでの後任には、これまで長くエンジニアリング・ディレクターを務めてきたティム・ゴス氏を昇格させるということだ。
1990年にマクラーレンに加入した同氏は2005年F1で初となるシームレス・シフトのギヤボックスを開発した功績を持つことで知られている。

|

« ウィリアムズ、疑惑のエクゾースト・システム導入断念 | トップページ | グロージャン(ロータス)、「今年は札付きにならない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56842877

この記事へのトラックバック一覧です: パディ・ロウ氏(マクラーレンT/D)、メルセデスAMGに移籍:

« ウィリアムズ、疑惑のエクゾースト・システム導入断念 | トップページ | グロージャン(ロータス)、「今年は札付きにならない」 »