« ヘレス・テスト4日目タイム (2/08) | トップページ | テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 »

2013/02/09

ヘレス・テスト最終日、ライコネン(ロータス)締めくくる

Kimi Raikkonen (C)Lotus Team
拡大します
2月5日(火)から4日間に渡って行われた2013年シーズン前最初のテストであるヘレス合同テストは、8日(金)の最終日ロータス・チームのキミ・ライコネンが1'18.148のタイムで締めくくった。
ライコネンのタイムは前日マッサ(フェラーリ)がマークした1'17.879には及ばないものの、2日目のグロージャンに続くロータス・チーム2度目のベストタイムということで士気を挙げるには十分なものだった。
2番手タイムを記録したのはフォース・インディアに起用されたジュール・ビアンキで、まだ唯一シートが確定していないこのチームに十分なアピールとなったに違いない。
この日フェラーリ・チームはベテランのペドロ・デ・ラ・ロサに『F138』のステアリングを託したが、火災に見舞われるというアクシデント。
最初の2日間で時間を失ったメルセデスAMGチームは、前日のロズベルグに続きこの日はハミルトンがやはり150ラップ近い周回を重ねてテストプログラムの遅れを取り戻した。

なおこの日のセッションは9コーナー出口の縁石部分に剥がれが確認されたためいったん赤旗中断になるハプニングに見舞われた。
該当部分はサーキット・スタッフが応急措置を講じて一応修復がなされたが、約1時間ほど走行タイムが失われたため、特別に終了時間を30分延長するというサービスがなされている。
(F1テスト一般席の入場料は10ユーロ:約1,240円)

|

« ヘレス・テスト4日目タイム (2/08) | トップページ | テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56726481

この記事へのトラックバック一覧です: ヘレス・テスト最終日、ライコネン(ロータス)締めくくる:

« ヘレス・テスト4日目タイム (2/08) | トップページ | テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 »