« テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 | トップページ | 各チーム、新型ピレリタイヤの第一印象はポジティブ »

2013/02/09

ピレリ首脳、ヘレス・サーキット路面の悪さに苦慮

Jerez Circuit Image (C)Sahara Force India F1
拡大します
2013年のF1はまず最初の合同テストが終了したが、現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤでは、今回の開催地となったヘレス・サーキットの路面の悪さに言及した。

同タイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「気温が予想より低かったこともあるが、例年以上にヘレスは路面の状態が悪く、肝心なタイヤ・コンパウンドの評価にも差し支えた」と憂慮していることを明らかにしている。

とはいえこの時期にスペイン以上に温暖なテスト地をヨーロッパ内で見出すのが難しいのも事実。
すでにテストが行われたことがあるサクヒール(バーレーン)やヤス・マリーナ(アブダビ)はF1チームの本拠地から遠隔となるため、コストの増加もあってなかなかチーム側の同意を取るのが困難ともみられている。

|

« テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 | トップページ | 各チーム、新型ピレリタイヤの第一印象はポジティブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56726840

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ首脳、ヘレス・サーキット路面の悪さに苦慮:

« テスト欠席アロンソ、実は骨折? しかしチームは否定 | トップページ | 各チーム、新型ピレリタイヤの第一印象はポジティブ »