« フランスでもF1放映が有料チャンネルに | トップページ | 中国のF・ニッポン・チーム、F1参戦を目指す »

2013/02/16

フォース・インディア、苦境報道の否定に躍起

Force India F1 (C)Sahara Force India F1
拡大します
チーム代表であるヴィジャイ・マルヤ氏のキングフィッシャー航空に倒産の報道が伝えられたうえ、さらに共同オーナーである『サハラ・グループ』にも証券取引法違反で資金トラブルが報じられるフォース・インディアだが、チームは苦境報道の否定に躍起だ。

これは同チームのボブ・ファーンリー副代表が主張するもので、同氏は「伝えられているのはチーム本体のこではなく、周辺のこと。
これらの問題はチームのF1活動に影響を及ぼすようなものでなく、われわれの計画に何ら問題は生じない」と、影響を否定した。

とはいえ窮地を救う筈のサハラ・グループにもトラブルが報道されたことは、チームの今後の活動にマイナスイメージを投げ掛けたのは事実だ。

|

« フランスでもF1放映が有料チャンネルに | トップページ | 中国のF・ニッポン・チーム、F1参戦を目指す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56775576

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、苦境報道の否定に躍起:

« フランスでもF1放映が有料チャンネルに | トップページ | 中国のF・ニッポン・チーム、F1参戦を目指す »