« ロリー・バーン氏(フェラーリ)、2004年マシン開発に関与認める | トップページ | アロンソ、母国スペインの『マルカ・エスパーニャ大使』に »

2013/02/13

エクレストン氏、「今年のF1参戦チームに財政問題なし」

ここ数年、弱小チームと言われる中から財政難により脱落するチームが続いているが、これについてF1参戦をコントロールするFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は「今年の参戦チームに問題はない」と、米『オートウィーク』の取材に対し太鼓判を押している。

TV Monitor (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
「確かに昨年HRTが破綻してしまったが、今年は事前に各チームにはよくコンコルド協定について説明し万全の体制を取った。
テレビ放映権料のチーム側取り分も大幅に増額させている。
大丈夫だ、今年のチームはすべてが安泰だよ」と、F1総帥。

しかしメディアからは今年すでにマルシアF1チームが危ないのでは、と標的に挙げられている。
そのマルシアF1からはこれを支えていたベテランのティモ・グロックが最終的にチームを去った。

|

« ロリー・バーン氏(フェラーリ)、2004年マシン開発に関与認める | トップページ | アロンソ、母国スペインの『マルカ・エスパーニャ大使』に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56755613

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、「今年のF1参戦チームに財政問題なし」:

« ロリー・バーン氏(フェラーリ)、2004年マシン開発に関与認める | トップページ | アロンソ、母国スペインの『マルカ・エスパーニャ大使』に »