« F・インディア、新型車発表にもドライバー決定間に合わず? | トップページ | ウィリアムズ、「新型車発表遅れは重要パーツ確認のため」 »

2013/01/20

小林可夢偉に東京運動記者クラブ最優秀選手賞

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
2012年シーズン、ザウバー・チームからF1にフルタイム参戦しホームの日本GPで初表彰台を獲得するなど活躍した小林可夢偉が、東京運動記者クラブ・モータースポーツ分科会が制定する『最優秀選手賞』に選出されたことがわかった。

小林可夢偉が同賞に選出されるのは2010年に続き2年ぶり2度目。
F1ドライバーでは佐藤琢磨(当時スーパー・アグリ)がやはり受賞。
なお佐藤琢磨はインディカー・ドライバーになった2011年にも受賞している。

|

« F・インディア、新型車発表にもドライバー決定間に合わず? | トップページ | ウィリアムズ、「新型車発表遅れは重要パーツ確認のため」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56581916

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉に東京運動記者クラブ最優秀選手賞:

« F・インディア、新型車発表にもドライバー決定間に合わず? | トップページ | ウィリアムズ、「新型車発表遅れは重要パーツ確認のため」 »