« フォース・インディア、『3Dシステムズ社』と契約 | トップページ | S.ドメニカリ代表(フェラーリ)、「2013年は好スタートがカギ」 »

2013/01/06

エクレストン氏、トルコGP復活になお意欲も

Turkish GP Image (C)Ex.Brawn GP
拡大します
当初全20戦で行われる予定だった2013年シーズンのF1グランプリだが、新規開催予定だったニュージャージーGPが消滅したこと段階で19戦に。
これを受けFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、衆知のようにお気に入りのトルコGPを復活させる方向で動いてきた。
しかしながら現段階でもトルコGP復活の発表はなく、また代替開催を申し出ているA-1リンクでのオーストリアGPについても進展がないままだ。

これについてエクレストン氏は、「少なくとも来週辺りには何らかの結論を出す時期に来ている。
しかし、来年のグランプリが19戦だろうが、20戦だろうがF1にとって大きな問題ではないよ」と、務めて平静を装っている。
なおトルコGP開催にはエクレストン氏自身が深く関わっている一方、A-1リンクは現在レッドブル・グループの傘下となっている。

|

« フォース・インディア、『3Dシステムズ社』と契約 | トップページ | S.ドメニカリ代表(フェラーリ)、「2013年は好スタートがカギ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56479019

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、トルコGP復活になお意欲も:

« フォース・インディア、『3Dシステムズ社』と契約 | トップページ | S.ドメニカリ代表(フェラーリ)、「2013年は好スタートがカギ」 »