« キミ・ライコネン、来季以降のF1継続にも意欲 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「シーズン・スタートダッシュがカギ」 »

2013/01/30

エクレストン氏、スコーピオンRのF1参戦計画を一蹴

HRT 『F112』 (C)HRT
拡大します
昨年までF1参戦していたHRT(前ヒスパニア・レーシング)は、財政難から事実上チーム消滅となっているが、これを買収して再びF1に参戦しようとする動きについてFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表はこれを一蹴した。

「そうした動きがあることは承知しているが、HRTにはもう実態がなく参戦を継続できるような資産も残ってない。
これから開幕までに参戦の体制を整えるのは事実上不可能なこと。
そんなことを始めるにはもう時間が遅すぎたよ」と、にべもない。

報道では、アメリカないしカナダの投資家が中心のスコーピオン・レーシングなるチーム名でHRTのファクトリー(シルバーストーン)を買収、これまで通りコスワース・エンジンを搭載、ウィリアムズ製ギアボックスを搭載した『F112』の改良版によりF1参戦を目論んでいるというものだ。

|

« キミ・ライコネン、来季以降のF1継続にも意欲 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「シーズン・スタートダッシュがカギ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56657186

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、スコーピオンRのF1参戦計画を一蹴:

« キミ・ライコネン、来季以降のF1継続にも意欲 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「シーズン・スタートダッシュがカギ」 »