« ロータス首脳、「規則変わらない2013年はチャンス」 | トップページ | ロシアGP、初開催に向け着々と準備進捗 »

2012/12/27

マクラーレン、「開発は一瞬たりとて止まることない」

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
F1は各チームともクリスマス、そして年末休暇に入っているが、マクラーレン・チームは自身のサイトで「開発は一瞬たりとて止まることない」と、トップチームならではの強い意欲を披露している。

「われわれは7分ごと、1週間のうち7日、1年のうち12か月、常にF1開発を続けている。
それは1年のうち、ただの一瞬たりとて停まることがない。
2013年はF1規則に大きな変更がないとされているが、たとえレギュレーションが変わらないとしてもF1というのは常に進化しているものなのだ。
技術的観点からいえばまずピレリタイヤが変化するし、新しいクラッシュテストに最低重量やウィングのたわみ量、さらに燃料消費等も重要な開発ポイントになる。
われわれに時間の余裕などこれっぽっちもないのだ」

過去8回ものコンストラクターズ・タイトルを獲得しているマクラーレン・チームだが、近年は1998年以来遠ざかったままだ。

|

« ロータス首脳、「規則変わらない2013年はチャンス」 | トップページ | ロシアGP、初開催に向け着々と準備進捗 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56402511

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、「開発は一瞬たりとて止まることない」:

« ロータス首脳、「規則変わらない2013年はチャンス」 | トップページ | ロシアGP、初開催に向け着々と準備進捗 »