« 2013年からF1公式計時は『ロレックス』に | トップページ | ユナイテッドステーツGP、2013年日程に泣き入れる »

2012/12/06

エクレストン氏、トルコGPの復活交渉を認める

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
5日(水)行われたWMSC(世界モータースポーツ評議会)でF1の来季日程が一部変更されたことで、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)がトルコGPの復活開催を狙っているのではないtかとの憶測が流れたが、これについてバーニー・エクレストン氏は否定しなかった。

これはイタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙が報じたもので、それによればエクレストン氏自身がイスタンブールに赴き、現地の担当者と会談に臨む予定であるという。

2005年に初開催されたトルコGPは、しかし2011年で開催が途切れている。
また来季開催予定だったニュージャージーGPが消滅することで19戦になるが、同氏はトルコGPを復活させることにより再び元の全20戦にしたい意向とみられる。

|

« 2013年からF1公式計時は『ロレックス』に | トップページ | ユナイテッドステーツGP、2013年日程に泣き入れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56261482

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、トルコGPの復活交渉を認める:

» F1 2013年カレンダーを若干変更でトルコGPを復活させるか? [MotorSports]
Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on netvibes share via Reddit Share this on sphinn Share with Stumblers Share on technorati Tumblr it Tweet about it Subscribe to the comments on th... [続きを読む]

受信: 2012/12/06 11:27

« 2013年からF1公式計時は『ロレックス』に | トップページ | ユナイテッドステーツGP、2013年日程に泣き入れる »