« バーニー・エクレストン氏、「F1は10チームあれば十分」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏もオーストリアGP復活後押し »

2012/12/15

ジャン・トッドFIA会長、フランスGPへの影響力を否定

B.Ecclestone & J.Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏が、マニクール・サーキットでのフランスGP復活を模策していると伝えられているが、そのフランス出身なのがFIA(国際自動車連盟)の現会長ジャン・トッド氏だ。
そのためFIAがフランスGP復活に影響力を行使するのではないか、との見方が一部で伝えられるものの、同氏はこれを強く否定した。

「そもそもFIAがF1グランプリの開催場所について及ぼす力など持っていない。
もしもそれがあったとしても、私がそれを使うことなど絶対にあり得ない。
ただ、個人的にはフランスGPが復活して欲しいと思うがね」と、トッド会長。

現在のところフランスGP復活は困難とみられていて、代わりにオーストリアGP(A-1リンク)の名前も浮上しているようだ。

|

« バーニー・エクレストン氏、「F1は10チームあれば十分」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏もオーストリアGP復活後押し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56321414

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・トッドFIA会長、フランスGPへの影響力を否定:

« バーニー・エクレストン氏、「F1は10チームあれば十分」 | トップページ | ゲルハルト・ベルガー氏もオーストリアGP復活後押し »