« ホーナー代表(レッドブル)、「ハミルトン離脱でライバル弱体化」 | トップページ | レッドブル・レーシング、「FIAの結論は当然」 »

2012/12/01

FIA、フェラーリ・チームの疑義提起を問題にせず

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、フェラーリ・チームから提起されたブラジルGPでのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)のオーバーテイク疑惑について、「回答すべき件は何も存在しない」と一蹴したことがわかった。

これはブラジルGP決勝レース中のイエローコーション下で、ベッテルがベルニュ(トロ・ロッソ)をオーバーテイクしたのでは、というものだが当時この場所ではコースマーシャルによりイエロー解除のグリーンフラッグが振られていたので問題ないとことだ。

なお、この件について書簡を送ったとするフェラーリ・チームに対し、FIAは「いずれのチームからも再検討の要請は受けていない」と否定している。

|

« ホーナー代表(レッドブル)、「ハミルトン離脱でライバル弱体化」 | トップページ | レッドブル・レーシング、「FIAの結論は当然」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56226472

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、フェラーリ・チームの疑義提起を問題にせず:

« ホーナー代表(レッドブル)、「ハミルトン離脱でライバル弱体化」 | トップページ | レッドブル・レーシング、「FIAの結論は当然」 »