« FIA、フェラーリ・チームの疑義提起を問題にせず | トップページ | 小林可夢偉への支援、すでに1億2千万円突破 »

2012/12/01

レッドブル・レーシング、「FIAの結論は当然」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
すでに2012年のF1チャンピオンとしてレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが3年連続の栄誉に輝きながら、フェラーリ・チームからの疑義提起により騒動を巻き起こしていたオーバーテイク問題だが、これをFIA(国際自動車連盟)が却下したことについてレッドブル・レーシングのスポークスマンは「当然の帰結」との声明を明らかにした。

「われわれはFIAがこうした結論を出したことを歓迎しているが、さりとて驚いてもいない。
そもそもこうした騒動が不当なもので、コメントにも値しない。
われわれはセバスチャン・ベッテルが成し遂げた偉大な功績について、心から誇りに思っている」

ベッテルは今回の3年連続チャンピオン獲得で、F1史上ファン・マヌエル・ファンジオ、そしてミハエル・シューマッハに続く3人目のドライバーとして確定した。
これは史上最年少の記録になる。

|

« FIA、フェラーリ・チームの疑義提起を問題にせず | トップページ | 小林可夢偉への支援、すでに1億2千万円突破 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56226805

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、「FIAの結論は当然」:

« FIA、フェラーリ・チームの疑義提起を問題にせず | トップページ | 小林可夢偉への支援、すでに1億2千万円突破 »