« アロンソ(フェラーリ)、「自分にとって最高のシーズンだった」 | トップページ | ハミルトン、早くもメルセデスAMGでの活動開始 »

2012/12/17

マクラーレン首脳、「F1の盛り上げにタイヤの要素不可欠」

Sam Michael (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、レースによってはタイヤのエキサイティングな活躍が十分でなくしばしば盛り上げを欠いた感があるが、これについてマクラーレン・チームのスポーティング・ディレクターであるサム・マイケル氏は次のようにピレリタイヤにプレッシャーを掛けた。

「F1レースにおいてタイヤが占める要素は計り知れないものがある。
とても重要なものなんだ。
ピレリタイヤについては導入後、各チームでその性格を理解するのにかなり手間取ったが、シーズンが進むにつれてかなり面白いものになったと思う。
タイヤもレースの要素なのだから、それをいち早く理解して使いこなした所が有利になる、これは当たり前のことだろう。
私は来シーズンもピレリが手を抜くことなくレースを盛り上げてくれるよう期待しているよ」

今シーズン前半、2勝に留まったマクラーレン・チームだったが、後半では5勝と成績を上げてみせた。

|

« アロンソ(フェラーリ)、「自分にとって最高のシーズンだった」 | トップページ | ハミルトン、早くもメルセデスAMGでの活動開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56336364

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「F1の盛り上げにタイヤの要素不可欠」:

« アロンソ(フェラーリ)、「自分にとって最高のシーズンだった」 | トップページ | ハミルトン、早くもメルセデスAMGでの活動開始 »