« フェラーリ・チーム、2013年と並行して2014年マシン開発 | トップページ | 渦中のドイツGP、予定通りニュルブルクリンク開催へ »

2012/12/25

来季のピレリF1タイヤは形状も変更

Pirelli F1 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今シーズン、試行錯誤もあって一部に不満の声も聞かれたピレリタイヤだが、来シーズンはこの経験を踏まえバージョンアップするとされている。
そうした中、変更はこれまで伝えられたコンパウンドなど内部組織だけでなく形状にも新たな試みが加えられることがわかった。

これは同タイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターが明らかにしたもので、それによればタイヤのショルダー(肩)部分をこれまでより丸くする、いわゆるラウンド・ショルダー形状にする方針という。
同氏によれば、これによりマシン全体のエアロダイナミックスにも大きな影響を与えることになるとのことだ。

|

« フェラーリ・チーム、2013年と並行して2014年マシン開発 | トップページ | 渦中のドイツGP、予定通りニュルブルクリンク開催へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56389589

この記事へのトラックバック一覧です: 来季のピレリF1タイヤは形状も変更:

« フェラーリ・チーム、2013年と並行して2014年マシン開発 | トップページ | 渦中のドイツGP、予定通りニュルブルクリンク開催へ »