« バリチェッロ(元フェラーリ)、来季は母国ストックカーレースに | トップページ | キミ・ライコネン、「DRS使用制限は正しい判断」 »

2012/12/31

バーニー・エクレストン氏、「訴追ならF1トップから引退」

Bernie Ecclestone (C)Renault F1 UK
拡大します
F1開催を司るFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表として君臨するバーニー・エクレストン氏(82歳:イギリス)だが、現在ドイツ当局による捜査が行われているとされる贈収賄事件について言及、自身が訴追されるようなケースになれば引退を覚悟しているとコメントした。

これは、2006年当時F1のマネージメント権を持っていたSLEC(スラヴィカ・エクレストン・カンパニー)が株式公開を行なった際にエクレストン氏が不当な贈賄を受けたのではないか、とされるもの。
もし同氏が訴追された場合、現在のF1株主である『CVCキャピタル』はエクレストン氏を更迭するとの見方を示したものだ。

|

« バリチェッロ(元フェラーリ)、来季は母国ストックカーレースに | トップページ | キミ・ライコネン、「DRS使用制限は正しい判断」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56431833

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、「訴追ならF1トップから引退」:

« バリチェッロ(元フェラーリ)、来季は母国ストックカーレースに | トップページ | キミ・ライコネン、「DRS使用制限は正しい判断」 »