« フェラーリの次期市販車旗艦モデルはF1技術活用 | トップページ | 来季のピレリF1タイヤは形状も変更 »

2012/12/25

フェラーリ・チーム、2013年と並行して2014年マシン開発

Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
まだ2013年シーズンもスタートしていない時期だが、フェラーリ・チームは来季用マシンと並行してさらに2014年マシンのマシン開発も担当者を変えて進行させる方針を明らかにした。

これは同チームでF1の現場を束ねるステファーノ・ドメニカリ代表が明らかにしたもので、それによれば2013年マシンについてはシモーネ・レスタが、また2014年マシンのほうはファビオ・モンテッキが担当して開発を進めているのだという。

なおこうして交互にマシンデザインを担当するという手法は、以前ルノー・チームが先鞭を付けたものとされる。

|

« フェラーリの次期市販車旗艦モデルはF1技術活用 | トップページ | 来季のピレリF1タイヤは形状も変更 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・チーム、2013年と並行して2014年マシン開発:

« フェラーリの次期市販車旗艦モデルはF1技術活用 | トップページ | 来季のピレリF1タイヤは形状も変更 »