« エクレストン氏、2015年タイGP開催を明言 | トップページ | グロージャンのロータス残留は「トタル」の支援が決め手か »

2012/12/20

「漢」リチャード・ブランソン、2年越しの約束履行へ

Richard Branson (C)Ex.Lotus F1 Racing
拡大します
かつてヴァージン・レーシングを率いてF1を戦ったリチャード・ブランソン氏(ヴァージン航空会長)が、2年越しの約束を果たして「漢」(おとこ)を示すことになりそうだ。

これは2010年シーズン、当時マレーシア・ベースのロータスF1レーシング代表だったトニー・フェルナンデス氏(エア・アジア代表)との間で交わした、「コンストラクターズ・ランキングで負けたほうがマレーシア-ロンドン便でライバル会社のCA(客室乗務員)を務める」というもの。
結果はロータス10位、ヴァージン12位に終わった。

しかし2011年始めにブロンソン氏がスキーで負傷を負った事から延期になっていた。
新たに発表された計画では来年5月に約束は履行されるとのこと。
ちなみに該当する便のチケットはチャリティ・オークションに掛けられ寄付されることになっている。

|

« エクレストン氏、2015年タイGP開催を明言 | トップページ | グロージャンのロータス残留は「トタル」の支援が決め手か »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「漢」リチャード・ブランソン、2年越しの約束履行へ:

« エクレストン氏、2015年タイGP開催を明言 | トップページ | グロージャンのロータス残留は「トタル」の支援が決め手か »