« フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が最速 | トップページ | 予選Q2 バトン(マクラーレン)トラブル、ザウバー勢脱落 »

2012/11/18

予選Q1、ザウバー勢はいずれもQ2進出果たす

ユナイテッドステーツGPは17日(土)、いよいよ初の公式予選を迎えた。
まず行われたQ1では、この週末絶好調のベッテル(レッドブル)がここでもただ一人ベストタイムを一人1分36秒台のタイムを叩き出しトップで通過。
2番手ハミルトン(マクラーレン)、3番手ウェバー(レッドブル)。
ザウバー勢もここは小林可夢偉14番手、ペレス16番手といずれもQ2進出を果たしている。

ここで脱落したのはリカルド(トロ・ロッソ)、グロック(マルシア)、ピック(マルシア)、ペトロフ(ケータハム)、コバライネン(ケータハム)、デ・ラ・ロサ(HRT)、そしてカーティケヤン(HRT)の7台。
なお107%タイムは1'43.317で、これは最下位となったカーティケヤンも1'42.740でクリアしている。

|

« フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が最速 | トップページ | 予選Q2 バトン(マクラーレン)トラブル、ザウバー勢脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56136480

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、ザウバー勢はいずれもQ2進出果たす:

« フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が最速 | トップページ | 予選Q2 バトン(マクラーレン)トラブル、ザウバー勢脱落 »