« レッドブル首脳、「ベッテルのトラブルはわれわれに責任ない」 | トップページ | ダニエル・ジュンカデラ、ご褒美でフェラーリF1テスト »

2012/11/11

小林可夢偉(ザウバー)放出必至か 迫る危機

Telemex/Sauber Team (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
小林可夢偉が所属するザウバー・チームでは、すでに来季ドライバーの一人としてニコ・ヒュルケンバーグ(現フォース・インディア)の加入を発表ししているが、残るもう一つのシートには、現在同チームでリザーブ&テストドライバーを務めるエステバン・グティエレス(20歳:メキシコ)の昇格が確実になったかも知れない。

これは同選手を支援するメキシコの富豪カルロス・スリム・エルー氏の長男ドミット氏が明らかにしたもの。
同家は『テルメックス』(テレフォノス・デ・メヒコ)等を経営する世界一の資産家。
それによれば今回ヤス・マリーナ・サーキットで行ったアブダビ合同テストの結果、グティエレスは同チームのレースドライバーと遜色ないタイムを記録、チームから合格点をもらったのだという。
ただし、まだチームからの正式発表はない。

|

« レッドブル首脳、「ベッテルのトラブルはわれわれに責任ない」 | トップページ | ダニエル・ジュンカデラ、ご褒美でフェラーリF1テスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56087157

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)放出必至か 迫る危機:

« レッドブル首脳、「ベッテルのトラブルはわれわれに責任ない」 | トップページ | ダニエル・ジュンカデラ、ご褒美でフェラーリF1テスト »