« マルドナド(ウィリアムズ)にグリッド10番降格ペナルティ | トップページ | ポールのハミルトン(マクラーレン)、「最高の気分!」 »

2012/11/25

小林可夢偉(ザウバー)、「せめてウェットなら……」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
ザウバー・チームでの最後の予選を15位という不満足な結果で終えた小林可夢偉は、「せめてウェットなら……」とセッション後、無念さを表した。

「タイヤのウォームアップがうまくいかず、アタックラップも万全とはいかなかった。
タイヤの性能を十分に引き出すことができなかったんだ。
せめて路面がウェットな状態であったなら、と思うけれど、今日のコンディションでは無理だった。
こうなったら明日の決勝レースでは雨を期待するしかないね」

またジャンパオロ・ダラーラ/トラックエンジニアリング責任者は、「昨日よりは全体的に良くなったと思う。
ただこの予選結果をみると、明日がドライでは難しい。
もしも予報通り雨ということになれば、われわれにもチャンスはあるだろう」と、語っている。

|

« マルドナド(ウィリアムズ)にグリッド10番降格ペナルティ | トップページ | ポールのハミルトン(マクラーレン)、「最高の気分!」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56185455

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「せめてウェットなら……」:

« マルドナド(ウィリアムズ)にグリッド10番降格ペナルティ | トップページ | ポールのハミルトン(マクラーレン)、「最高の気分!」 »