« ベッテル(レッドブル)、予選結果無効で最後尾スタートに | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ブレーキロックが解決できてない」 »

2012/11/04

ベッテルはチーム、チームはルノー・スポールに責任転嫁

Redbull/Pitstop (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブルのセバスチャン・ベッテル予選結果無効の処分は、同選手が目下アロンソ(フェラーリ)との間で激しいタイトル争いを繰り広げていることから関係者ばかりか世界のファンに衝撃を与えたが、渦中の「当事者」はいずれも他に責任転嫁するようなコメントに終始している。

処分による直接の被害者となったドライバーのベッテルは、「トラブルの中身についてはまったくわからない。
ただチームから無線で全てのスイッチを切ってマシンを止めるように言われたんだ」と、コメント。

一方停止を指示したというチームのほうでは、クリスチャン・ホーナー代表が「エンジン・サプライヤーであるルノー・スポールからマシンを止めるよう指示があったんだ。
ルノーからはエンジンだけでなく「KERS」(運動エネルギー回収システム)、そして『オルタネーター』も供給を受けているからね」と、皮肉なコメントを語っている。

そのルノー・スポールはこれについてまだ何も釈明していないが、パドックでは「レーススチュワードの処分内容からして単なる燃料の計算ミスだろう」との見方が専らだ。

|

« ベッテル(レッドブル)、予選結果無効で最後尾スタートに | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ブレーキロックが解決できてない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56038067

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテルはチーム、チームはルノー・スポールに責任転嫁:

« ベッテル(レッドブル)、予選結果無効で最後尾スタートに | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ブレーキロックが解決できてない」 »