« アブダビGPライコネン復帰後初勝利、可夢偉6位入賞 | トップページ | 6位入賞・小林可夢偉(ザウバー)、「チームのために良かった」 »

2012/11/05

ハミルトン(マクラーレン)のトラブルは燃料系か

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
ポールポジションからのスタートも決め首位を快走、レースを完全にコントロールしていながら突然のストップでノーポイントに終わったマクラーレンのルイス・ハミルトンは、その無念さを次のように表した。

「まったく残念だ。
あの瞬間まではすべてがうまくいっていたんだけどね。
突然エンジンがパワーを失ってしまい、僕にはもうただコースサイドにマシンを止めるしかなかったよ。
今シーズンはもうあとオースティンとサンパウロを残すだけになったけど、そこでもトップを走って(マクラーレンでの)有終の美を飾りたいと思っているけどね」

関係者によれば、エンジン(メルセデス)本体にトラブルが起きたのではなく、おそらくエレクトロニクス系による燃圧の問題だろうとみられている。

|

« アブダビGPライコネン復帰後初勝利、可夢偉6位入賞 | トップページ | 6位入賞・小林可夢偉(ザウバー)、「チームのために良かった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56046368

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(マクラーレン)のトラブルは燃料系か:

« アブダビGPライコネン復帰後初勝利、可夢偉6位入賞 | トップページ | 6位入賞・小林可夢偉(ザウバー)、「チームのために良かった」 »