« アブダビ合同テスト初日、マグヌッセンが最速タイム(11/06) | トップページ | ライコネン(ロータス)、「今やることは次のレースへの備え」 »

2012/11/07

ブイユ代表(ロータス)、それでもグロージャン擁護

Eric Boullier (C)Renault F1 UK
拡大します
先のアブダビGPで、F1復帰後初勝利を遂げたキミ・ライコネンの一方で、チームメイトであるグロージャンは今回もアクシデントでリタイヤ、僚友の表彰台を見上げるだけだった。
口さがないパドック雀からは「来季のシートは危ういのでは」との越えも聞かれる中、しかし同チームのエリック・ブイユ代表はそうした見方を一周した。

「今回のアクシデントは別にグロージャンに責任がある訳ではないだろう。
少なくともわれわれの評価はこれによって損なわれてはいないし、将来に影響もない。
チームは彼について正当な判断をすることだろう」

とはいえ、ライコネンの残留が正式発表された一方でグロージャンの去就についてチームから言及はまだないままだ。

|

« アブダビ合同テスト初日、マグヌッセンが最速タイム(11/06) | トップページ | ライコネン(ロータス)、「今やることは次のレースへの備え」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56060194

この記事へのトラックバック一覧です: ブイユ代表(ロータス)、それでもグロージャン擁護:

« アブダビ合同テスト初日、マグヌッセンが最速タイム(11/06) | トップページ | ライコネン(ロータス)、「今やることは次のレースへの備え」 »