« フェラーリ・チーム首脳、グリッド操作の非難に反論 | トップページ | ベッテル、1ストップのアメリカグランプリでタイトルへ王手 (ピレリ) »

2012/11/20

ユナイテッドステーツGPでマラリアの脅威?

 Image
世界の先進国アメリカだが、今回のユナイテッドステーツGPの際になんと伝染病であるマラリアの感染が報じられ、関係者を驚かせている。

これはスイスの『ブリック』紙が報じたもので、それによればレッドブルのスタッフ数人、そしてイギリスの著名カメラマンであるキース・サットン氏をはじめとするメディア関係者数人も感染、地元オースティンの病院に入院しているというもの。

ただ感染したのはアメリカではなく10月に行われたインドGPの際で、その後潜伏期間を経て今回発病したとも伝えられている。

|

« フェラーリ・チーム首脳、グリッド操作の非難に反論 | トップページ | ベッテル、1ストップのアメリカグランプリでタイトルへ王手 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56152067

この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッドステーツGPでマラリアの脅威?:

« フェラーリ・チーム首脳、グリッド操作の非難に反論 | トップページ | ベッテル、1ストップのアメリカグランプリでタイトルへ王手 (ピレリ) »