« 「マ・キンファ来季HRT入り」の中国報道、チームが否定 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピットレーンの電力走行化を延期 »

2012/11/08

エクレストン氏、マニクールでのフランスGP復活を模策

Magny_Cours Image (C)Honda Racing
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表であるバーニー・エクレストン氏が、マニクール・サーキットでのフランスGP復活を考慮しているということだ。

これはドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌が伝えたもので、それによれば先のアブダビGPの際にフランスの英雄であるアラン・プロスト氏がポールリカール・サーキットでのフランスGP復活について相談したところ、逆に開催場所をマニクールにするという案をエクレストン氏から示されたというもの。

ポールリカール・サーキットがエクレストン氏の家族が所有する会社の関連であることからこれまではこちらが有力とみられていたので今回の案はむしろ意外なものと周辺では受け止めている。
ただマニクールでは2008年までフランスGPが開催されていたものの、ファンや関係者からの評判はあまり良くなかったという経緯がある。

|

« 「マ・キンファ来季HRT入り」の中国報道、チームが否定 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピットレーンの電力走行化を延期 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56066996

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、マニクールでのフランスGP復活を模策:

« 「マ・キンファ来季HRT入り」の中国報道、チームが否定 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピットレーンの電力走行化を延期 »