« タイヤから見たアメリカグランプリ Formula Oneチームとピレリにとって初のサーキット | トップページ | 初開催アメリカGP(US-GP)、ハードタイヤ1セット追加へ »

2012/11/14

ビルニューブ氏、「DRSオーバーテイクなんてドライバーの恥」

Jacques Villeneuve (C)Williams F1
拡大します
1997年のF1チャンピオンであるジャック・ビルニューブ氏が、現在のF1について噛みついた。
それは、今のF1レギュレーションによるDRS(可変リヤウィング:ドラッグ・リダクション・システム)でのオーバーテイク・シーン増大等についてだ。

「DRSなんていう人工的な手段によるオーバーテイクなんか、本物のモータースポーツ・バトルだと思うかい。
あんなもの、ドライバーの恥。
そのお陰でドライバーの能力が台無しにされているんだ。
今のドライバーを駄目にしているのは(エクレストン&ティルケ主導の)コースにも責任があるね。
昔ならコースから外れたらそこは自然のグリーンやダートで、もうそれ自体でリタイヤになることを覚悟した。
それが今はどうだい。
外れたって広い舗装路が広がっていて、またやり直せばいいだけのこと。
加えて若いドライバーはコースを習熟するのにシミュレーターが頼り。
あんなTVゲームみたいなので練習するから、モータースポーツのほんとうの危険すら学習できないんだ。
グロージャンなんてが、まさにそのいい例だろう」と、スイスの『モータースポーツ・アクトュエル』に激白した。

|

« タイヤから見たアメリカグランプリ Formula Oneチームとピレリにとって初のサーキット | トップページ | 初開催アメリカGP(US-GP)、ハードタイヤ1セット追加へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56103439

この記事へのトラックバック一覧です: ビルニューブ氏、「DRSオーバーテイクなんてドライバーの恥」:

« タイヤから見たアメリカグランプリ Formula Oneチームとピレリにとって初のサーキット | トップページ | 初開催アメリカGP(US-GP)、ハードタイヤ1セット追加へ »