« ハミルトン(マクラーレン)のトラブルは燃料系か | トップページ | ライコネン(ロータス)、「レースに勝つだけの一貫性あった」 »

2012/11/05

6位入賞・小林可夢偉(ザウバー)、「チームのために良かった」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
16番手(グリッド15番)からという後方からのスタートながら、オープニングラップにはすでに8番手にポジションを上げ、最終的には6位でフィニッシュ。
チームに貴重な8ポイントをもたらせたザウバー・チームの小林可夢偉は、「チームのために良いレースになった」と、振り返った。

「ほんとうのこと言うと、シフトダウンには問題があったし、KERSも不調で完全な機能を発揮してくれなかったんだ。
だから最後までタフなで難しいレースだったけれど、スタートもうまくいったし、チームの戦略やピット作業も素晴らしく、チームのためにこうしてポイントを獲得できてほんとうに良かったよ」と、可夢偉。

一方、韓国、インドとノーポイントが続いていたザウバー・チームでは、モニシャ・カルテンボーン代表が「今回の可夢偉のポイント獲得は、チームのコンストラクターズ・チャンピオンシップ争いにとても貴重なものでした。
彼のマシンにはトラブルがあったにもかかわらず、最後まで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれましたね。
ペレスの件については残念でしたが、なんとかあと残った2レースでの逆転に期待を掛けたいと思っています」と、語った、

今回メルセデスAMGがノーポイントで136ポイントで変わらずだったところ、ザうバーは116から124ポイントの12ポイント差まで追い上げている。

|

« ハミルトン(マクラーレン)のトラブルは燃料系か | トップページ | ライコネン(ロータス)、「レースに勝つだけの一貫性あった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/56046484

この記事へのトラックバック一覧です: 6位入賞・小林可夢偉(ザウバー)、「チームのために良かった」:

« ハミルトン(マクラーレン)のトラブルは燃料系か | トップページ | ライコネン(ロータス)、「レースに勝つだけの一貫性あった」 »