« ヒュルケンバーグ(F.インディア)、グリッド5番降格のペナルティ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、進路妨害でスチュワードが召喚 »

2012/10/06

怒りのセナ(ウィリアムズ)、「ペナルティあっても無意味」

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
6日(土)行われた日本GP公式予選Q1で、最後のアタックをベルニュ(トロ・ロッソ)に邪魔されてタイムを失ったウィリアムズのブルーノ・セナは、予選終了後も怒りが収まらない様子だ。

「まったくひどい話だよ。
彼は明らかに僕のアタックを邪魔したんだ。
チームはすぐにコントロールタワーに行きスチュワードに訴えたけれど、それで例えベルニュが罰せられたとしても僕の失った予選順位は戻らない。
ペナルティなんてこちらには意味のないことなんだよ。
ここ鈴鹿ではオーバーテイクが難しいから一つの予選順位の違いがとても大きな意味を持つというのにね」

ベルニュのほうは予選Q2に進出したのに対し、セナのほうはこの一件でQ3敗退。
結果的に大きな影響を引き起こした出来事になった。

|

« ヒュルケンバーグ(F.インディア)、グリッド5番降格のペナルティ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、進路妨害でスチュワードが召喚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55825746

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りのセナ(ウィリアムズ)、「ペナルティあっても無意味」:

» F1日本GP(2012 R15) [UKYOのつぶやき]
F1第15戦日本GP! [続きを読む]

受信: 2012/10/06 20:35

« ヒュルケンバーグ(F.インディア)、グリッド5番降格のペナルティ | トップページ | ベッテル(レッドブル)、進路妨害でスチュワードが召喚 »